鞠さんのチラシの裏


『店内が少し埃っぽい寂れた食堂みたいなブログ』を目指します
by sano_izumi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ご案内
はじめまして
当ブログはSSを書くよりもエッセイや似非論文を書くほうが好きなへたれSS書き『鞠』がお送りするちょっと過激な恋愛日記です(うわぁ、嘘ついたから鼻がのびる)。好きな順番は三番目、好きなナレーターは木村匡也、好きなお笑い芸人は池乃めだかとゼンジー北京、そして好きな声優は滝口順平と関根正明と田村ゆかりと水樹奈々と平野綾(いずれも敬称略)です。ちなみに私は紛れも無い♂ですのでくれぐれもお間違えになりませんよう。

リンク
三叉路。
Project HH
洛陽~漢達の都~
STORY

メアド・メッセンジャーなど
こちらにまとめて掲載してますので何かあります方は。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
胃腸の病気
from 健康について考えるブログ
学校裏サイトの裏側!女子..
from 学校裏サイトの裏側!女子中高..
こんにちは
from マナブならcocoガイド
リップ スライムサイト
from リップ スライムのリンク集
韓国 メディア
from 韓国 メディア
浜崎あゆみ台湾コンサート..
from 浜崎あゆみ台湾コンサートでの..
飯島直子 愛欲同棲もピリ..
from 飯島直子 愛欲同棲もピリオド..
訃報 植木等さん 80歳
from 平凡なほのぼの日記
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

そりゃブーイングするわな・・・

ネタ元:発想がハコモノ行政と一緒(社怪人日記2005:by haruhicoさん)

子供にブログぅ?!…ブロガーたちが大ブーイング(読売)
現役高校生の立場から敢えて言わせてもらえば、結局"ブログ DE 情報教育(この非常にナンセンスでナイセンスな名前は私が勝手につけた)"はやっても無駄になるだけだと思いますよ。
現に、中高生でも私のように勝手にブログを立ち上げてやってる人間なんざ相当数居るわけですし、ガキんちょにブログなんて与えたら何をしでかすかわかったものじゃないですし(NAVER厨みたいのや極端な話、NEVADAみたいなのがいつ出てきてもおかしくない)、やっぱりフツーに考えたら『教育の一環として子供にブログをやらせよう』なんて考えられないと思いますけどね。
ネタ元として紹介した『社怪人日記2005』のharuhicoさんも仰ってますが、ゆとり教育世代を始めとする今の小中学生ってやっぱり考える力が未熟な部分も多々あると思うしその状態でブログをやらせるのはどうなんだろうなぁと思ったりするのです(って、高校生(しかも、ゆとり教育世代真っ只中)の私が言えることでもありませんがネ)。

仮にやってみたとしても、交換日記みたいな感じで終わってしまいそうだしなぁ。
それこそナンセンスっつーかナイセンスじゃないですかね?
私が勝手につけた『ブログ DE 情報教育』というタイトル並みに。



 小中高生にブログ(日記風の簡易ホームページ)を持たせ、国のIT(情報技術)力向上を目指そうとする総務省に、ブロガー(ブログの執筆者)たちが猛反発している。

 総務省の姿勢を伝えるヨミウリオンラインの「子どもはみなブログを持て!」(今月14日掲載記事)には、都内のネット系雑誌編集者から「多くのブログに引用されている」という情報が寄せられた。

 たとえば、ブログサービス「はてなダイアリー」では、85件の日記がこの記事を引用していた(23日朝現在)。さらに、このサービスの利用者がブックマーク(気になるサイトやページ)をコメント付きで公開し合う「はてなブックマーク」(http://b.hatena.ne.jp/)では、121人が引用していた(同)。

 また、ブログで引用された記事や書籍などの引用回数ランキングを提供している「1470.net」(http://1470.net/)の集計でも59回(同)を数え、記事掲載直後には上位に食い込んでいた。

 ところが、反応の大半は「国がやることじゃない」「ブログ嫌いが増える」など、総務省の政策に批判的なもの。

 そこで、同省担当者に感想を求めると、「市民レベルで広がるブログに国が関与しようとすることに対し、反発があるのは当然だろう」と冷静な意見が聞かれた。ただし、「政策に対する反応がリアルに見られるのは貴重だが、これほど反発の割合が多いと傷つく」と、ショックも受けている。

 もっともこの政策の後ろ盾となる、来週中にも公表される「情報フロンティア研究会」(座長・國領二郎慶応大教授)の報告書の基調に変化はない。学校ごとの安全なネットワークで、小中高校生のだれもがブログを利用できるようにすべきという提言は、予定通り盛り込まれるという。(西島徹)

[PR]

by sano_izumi | 2005-06-25 22:17 | 時事ネタ
<< 今日気づいたこと クラシックを聴きたい気分 >>