鞠さんのチラシの裏


『店内が少し埃っぽい寂れた食堂みたいなブログ』を目指します
by sano_izumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご案内
はじめまして
当ブログはSSを書くよりもエッセイや似非論文を書くほうが好きなへたれSS書き『鞠』がお送りするちょっと過激な恋愛日記です(うわぁ、嘘ついたから鼻がのびる)。好きな順番は三番目、好きなナレーターは木村匡也、好きなお笑い芸人は池乃めだかとゼンジー北京、そして好きな声優は滝口順平と関根正明と田村ゆかりと水樹奈々と平野綾(いずれも敬称略)です。ちなみに私は紛れも無い♂ですのでくれぐれもお間違えになりませんよう。

リンク
三叉路。
Project HH
洛陽~漢達の都~
STORY

メアド・メッセンジャーなど
こちらにまとめて掲載してますので何かあります方は。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
胃腸の病気
from 健康について考えるブログ
学校裏サイトの裏側!女子..
from 学校裏サイトの裏側!女子中高..
こんにちは
from マナブならcocoガイド
リップ スライムサイト
from リップ スライムのリンク集
韓国 メディア
from 韓国 メディア
浜崎あゆみ台湾コンサート..
from 浜崎あゆみ台湾コンサートでの..
飯島直子 愛欲同棲もピリ..
from 飯島直子 愛欲同棲もピリオド..
訃報 植木等さん 80歳
from 平凡なほのぼの日記
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

見てきました~交渉人・真下正義

見てきました。
感想を羅列してみました。ネタバレを含んでますのでそれでも読むという方は。



ネタバレが ふくまれています
ほんとうに よみますか?
はい  いいえ














































というわけで、感想を。
まず思ったのは、ユースケさんステキやん。ということ。
ユースケさん、私の中ではヘタレキャラという位置づけになってるので(ぇ、見る前はどうなることかと半分心配、半分期待といった感じだったのですが、その予想は見事に裏切られました。
素晴らしい。というよりも、ヘタレっぷりが逆にイイ!
と言うよりもそれが無きゃユースケじゃない。うん。
最後は雪乃さんに思いを伝えられたようで。本当によかった!

TTR司令所の所長(片岡文彦/国村隼)もいい味出してました。
母親からの電話に「お母様」と出てしまう片岡さん。メガワロスw
観客一同で大爆笑w(実話
仕事中はいかつい人なのですが、プライベートでは・・・な人でした。
そして、TTRの広報担当である矢野君一(石井正則-アリ to キリギリス)のお陰でさらに所長の面白さがどーんと出てたりして。石井君単体でも相当面白かったですけどね。あと、中盤辺りからTTR職員の癖して警視庁交渉課の中にすっかり溶け込んじゃってたりして。やっぱりお笑いを生業としているからか、そこらへんの造作(っていうのかな?)はうまかったです。

『踊る』シリーズらしく小細工もふんだんに盛り込まれていた模様。
スタッフがサンタのコスプレをしてちゃっかり登場しちゃってたり、コンサートのシーンがあるのですが、指揮者がちゃっかり西村雅彦だったり・・・(笑)
・・・と、西村氏は監督と12年位前に一緒した経験があったのですね。そこで指揮者役をやっていたので今回もまた・・・と言う感じだそうで。いやはや、そのときの西村氏を知らないから何とも・・・なんですけど、それを知らなくても正直楽しめました。だって意外だったんだもんw
実際に見ていて、私が気づいた小細工はかなり少なかったです・・・かなり無念。

やっぱり、『踊る』のスタッフ、キャストということもあってクオリティは高いです。
この作品は本編知らない人でも普通に楽しめると思います。ええ。
随所に笑いを織り交ぜたシリアス作品・・・やっぱりこういうの好きです、私。

あと、札幌市交通局、大阪市交通局、神戸市交通局、そしてJR東西線などが『東京トランスポーションレイルウェイ』に化けてたというのも鉄ヲタの私からすればかなり萌え(爆)でした。あと、ジャックされちゃうクモは(ロボットとしてみれば)結構カッコエエスタイリングだと思う・・・です。鉄仮面・・・(ぁ・・・というわけで、全国の地下鉄が地下鉄好きの方にもオススメです。

と、思いつくままにつらつらと書いてみました。なので乱文なのです。
思いついたときに書き足すかもしれません。
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-07 19:16 | 映画・ドラマ
<< 鎖を引きちぎり、獣が暴れ出した 本の虫になろうぜ【1】:犯人に... >>