鞠さんのチラシの裏


『店内が少し埃っぽい寂れた食堂みたいなブログ』を目指します
by sano_izumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ご案内
はじめまして
当ブログはSSを書くよりもエッセイや似非論文を書くほうが好きなへたれSS書き『鞠』がお送りするちょっと過激な恋愛日記です(うわぁ、嘘ついたから鼻がのびる)。好きな順番は三番目、好きなナレーターは木村匡也、好きなお笑い芸人は池乃めだかとゼンジー北京、そして好きな声優は滝口順平と関根正明と田村ゆかりと水樹奈々と平野綾(いずれも敬称略)です。ちなみに私は紛れも無い♂ですのでくれぐれもお間違えになりませんよう。

リンク
三叉路。
Project HH
洛陽~漢達の都~
STORY

メアド・メッセンジャーなど
こちらにまとめて掲載してますので何かあります方は。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
胃腸の病気
from 健康について考えるブログ
学校裏サイトの裏側!女子..
from 学校裏サイトの裏側!女子中高..
こんにちは
from マナブならcocoガイド
リップ スライムサイト
from リップ スライムのリンク集
韓国 メディア
from 韓国 メディア
浜崎あゆみ台湾コンサート..
from 浜崎あゆみ台湾コンサートでの..
飯島直子 愛欲同棲もピリ..
from 飯島直子 愛欲同棲もピリオド..
訃報 植木等さん 80歳
from 平凡なほのぼの日記
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 21 )


手短に

 mixiには書きましたが、何とチケットが取れてしまったので『ベリテンライブ2006』へ行ってきます。目当は勿論くるり。勿論、他のアーチストも堪能してくる予定です。天気が非常に不安なところですが・・・。

 P.S./
 平野綾って凄いですね。声優にしてあの歌唱力。
 本当、侮れません。
[PR]

by sano_izumi | 2006-09-16 21:42 | 音楽

素人が講釈垂れるCDレビュー(1):Juice/くるりとリップスライム

 mixiからの日記の転載で茶を濁してみます・・・。
 こっちでもこんな感じでやってゆきます。


 さて、今更ですがCDのレビューでもしてみたいと思います。
 今回はくるりとリップスライムの『Juice』です。
 今更って感じもしますが、この曲の感想を書いてなかった気がするので。

▼Track1:Juice ★★★☆☆
 1発OKで収録された曲。ラストの「ファンキーファンキーウィルスがうつった!」の後の「何そのシメ~w」と云ったやり取りから和気藹々とレコーディングが進んでいたんだなあと感じ取れます。うん、こういうやり取りは和む。
 しかし、曲自体あまりピンと来なかった。それは俺自身がヒップホップに疎いからだと思うのです。敢えて云うならヒップホップのことを何もわかっていないヒップホップイ●ポ。でも、不思議なことに『ラヴぃ』は結構琴線に触れたんですよね。まあ、確かに『ラヴぃ』はポップっぽいですから、それが要因なのかも知れません。
 と、最後に一言。ヒップホップイ●ポ云々抜きに、「P.S.Y.がオレっちのサイン」の「P.S.Y.」ってなんすか?

▼Track2:ナイトライダー(くるりver.) ★★★☆☆
 ポップで聴き易いと思います。CDで聴くと普通な感じなのですが、ライヴで聴いた時はかなり良い感じでした。ライブでやる『ナイトライダー』は俺の中では星5つ行きますきっと。

juice
くるりとリップスライム RYO-Z ILMARI PES SU くるり 岸田繁 / ビクターエンタテインメント
[PR]

by sano_izumi | 2006-09-13 18:55 | 音楽

Mステスゴスギスwww(Vip風味

Mステ見ました。
私はランキング目当てで見てたのですが、途中であのO-Zoneが。
流石に尼崎事故から日が経っていないということもあり、『脱線してんの?』は『脱税してんの?』に差し替えられていました。あと、他にもいくつか変えられていた部分があったような気が・・・(どこが変えられてたかは、解りませんでしたが)。
しかし、あの動画がTVで堂々と放映される日が来るとは全く予想していませんでした。収録されている動画は1番までなのですが、2番もしっかりと追加されていました。凄かった。

マイヤヒー まとめ
デンエイ ダメムシチョウ-電影 駄目虫超-
(元祖マイヤヒーフラッシュを製作した凄い方のサイト)


・・・と、どーでもいい話ですが。
普段は2ちゃんをやたら叩いている朝日新聞社系列のテレ朝がこーゆー時だけ2ちゃん発のムーブメントを利用する(こういう言い方も少し語弊がある気がしますが)って言うのはどうなんでしょうね。なーんか解せないなぁという気がしてしまいます。まぁ私見ですけれども。
[PR]

by sano_izumi | 2005-07-15 20:50 | 音楽

Musical Batonが回ってきた

HH氏からMusical Batonが回ってきました。
早速、回答してみることに。

Q1■Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

8.1GB。こんなにあったっけ?って感じですけどw

Q2■Song playing right now (今聞いている曲)
『匂艶THE NIGHT CLUB』『BYE BYE MY LOVE』『エロティカ・セブン』。
すべてサザンオールスターズのアルバム『海のYeah!!』より。

Q3■The last CD I bought (最後に買ったCD)
スキマスイッチ『全力少年』
確か、先週辺りに発作的に購入したCDです(汗)。
発売当初、買おうと思ってて結局買わなかったCDであったりもします。

Q4■Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

・波乗りジョニー/桑田佳祐
家族旅行で観音崎に行く時、車で海沿いを走ってたときに丁度これが流れてたので。
周りの景色とマッチングしすぎてて少し感動したりもしました。

・鎌倉物語/サザンオールスターズ
これを聴いてると、フシギと鎌倉の風景が目に浮かびます。鎌倉っていいよね。

・明日/小田和正
小田和正の曲はいい曲ばかりで正直選択に迷ったけど今回はこれを選択。
ありふれた日々っていいよね、と思わせてくれる一曲です。

・I'll be missing you/Puff Daddy
米国に行ってしまった友人の家に遊びに行った時に貰った曲。
正直、歌詞の内容はまだ理解できてないけど何処か感慨深いので。

・さくらんぼキッス~爆発だもーん~/KOTOKO
私を電波の世界に誘ってくれた一曲。

Q5■Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)
とりあえず私の身辺では全員回ったようですので、ここで打ち止めとします。
流石に、表ハンドルで巡回してるサイトさんにさの名義でバトン渡すわけにも行きませんし・・・。
[PR]

by sano_izumi | 2005-07-05 14:14 | 音楽

ドラマ版電車男

メディアミックスされまくりで少し食傷気味な気がする電車男ですが・・・

ドラマ版の主題歌がサンボマスターだそうですな。
まぁ、現段階で云えることは少なくともオレンジレンジよりはマシなのではないかな、と。
ボーカルの山口隆があんな風貌だからあんまり違和感がないってのは敢えて言わない
[PR]

by sano_izumi | 2005-07-02 23:56 | 音楽

クラシックを聴きたい気分

骨音 池袋ウエストゲートパーク3





↑を読んだせいか、クラシックが聴きたくなってきました。
・・・と思ってたら、↓のようなCDが出ていたのですね。

池袋ウエストゲートパーク Classic Edition




原作に登場したクラシック音楽が収録されているみたい。ライナーノーツは原作の石田衣良。
2000円ならなんとか買えそう。明日、買ってみようかしら。
[PR]

by sano_izumi | 2005-06-24 22:17 | 音楽

最強の電波ソング?

『電波ソング』と聴いて、あなたがぱっと思いつく曲は何だろうか。
さくらんぼキッスだとかと言う人も居るだろうし、果ては名古屋はええよ!やっとかめだと言う人も居るだろう。電波ソングの基準も人それぞれだと思う。
しかし、私はその中でも強烈な電波ソング、言ってしまえば萌え電波にもリアル電波にも属さないような分類不能な電波ソングを発見してしまったのだ。

田園
玉置浩二



問題の(?)曲はこのCDに収録されている。
9年前、『コーチ』というドラマの主題歌として使われ、大ヒットした『田園』。
私が取り上げたいのは、タイトル曲の『田園』ではなく、そのカップリングとして収録されている『働こうよ』である。
この曲、聴けばわかるのだが、歌詞カードの歌詞どおりに歌われていない・・・と言うよりも、一回聴いただけでは何と歌っているのか聞き取れない。これはサザンの比ではないと思う。この曲をカラオケで歌うのは至難の技と言ってもいいだろう。ちなみに私は発売から9年経った今でも歌詞をすべて聴き取れていない。(特に後半部分)
[PR]

by sano_izumi | 2005-06-20 20:12 | 音楽

風のようにうたが流れていたんだ

そうかな
小田和正



今月のアルバムラッシュの最後を飾るのは小田和正であります。
『自己ベスト』以来、約3年ぶりのアルバムであります。
先月発売されたシングルのタイトル曲である『たしかなこと』も収録されております。
収録されている曲はどれも素晴らしい曲ばかりですが、その中でも特に好きなのは『まっ白』『たしかなこと』『Re』『明日』『僕らの夏』『風のようにうたが流れていた』。『まっ白』はフジ系で放送されてたドラマ『それは、突然、嵐のように・・・』の主題歌、『風のようにうたが流れていた』はTBS系の同タイトルの番組の主題歌になっていました。
と、オフコースや小田和正の曲を聴いてていつも思うのですが、小田和正は年の割りには感性が若いですよね。歌詞なんか、とても50代を過ぎた方が書く歌詞とは思えないものがかなりあったりします。やっぱり、何十年もの長い期間、創作活動をしている人は違うなぁ、と思ったりするわけであります。

全曲聴き込んだら、簡単なレビューでも書いてみようと思います。
ゆずとKOTOKOのレビューも後ほど。
[PR]

by sano_izumi | 2005-06-15 22:13 | 音楽

あいかわらず地球はじっくり回ってる。ゆず『HOME』購入。

HOME [1997-2000]
ゆず



連続アルバム購入企画(ぇ)、2日目はゆずの『HOME』です。
とりあえず、今は自分が知っているタイトルを聞き込んでいます。
知っているタイトルとは言っても、このアルバムに収録されている曲の8割が知っているor聞いたことがあるタイトルですが・・・。
私がゆずの曲の中で特に気に入っているのが『夏色』『少年』『いつか』『サヨナラバス』『友達の唄』『嗚呼、青春の日々』なのですが、それらもすべて入っていました。私、ゆずのCDは一枚も持っていませんでしたので、それだけでももう満足です。とりあえず、先日買ったKOTOKOのアルバムと同様、全曲聴き込んだら簡単なレビューでも書いてみようと思います。
ドラえもんのEDにもなったらしい『またあう日まで』や、東横線桜木町駅を歌った『桜木町』などは同時発売された『Going』に収録されているようです。そっちも欲しくなってきた・・・もう使える金はないのにw
[PR]

by sano_izumi | 2005-06-11 20:03 | 音楽

すげぇ

硝子の靡風 (初回)
KOTOKO



・・・というわけで、購入。
取り急ぎ、PVが収録されたDVDを見てみましたが、凄いです。
KOTOKOのようなアーティストをアニソンだけでとどめておくのは、正直、勿体無い気が。
タイトルにもなっている『硝子の靡風』は、ドラマ主題歌になったとしても遜色ない感じでした。
全曲聴いたら、簡単なレビューでもやってみようかと思います。
と、『硝子の靡風』は今日のオリコンデイリーアルバムチャートでは8位。ゆずのベストも同日の発売だったからちょっときつい出だしだったような気も。しかし、Def Techは相変わらず強いですね・・・1月の発売なのにまだベスト10にランクインしてます。恐るべし。
そして、明日はゆずのベストアルバム『Home』を買う予定。ある事情により余裕が出来たので。
小田和正のアルバム『そうかな』は15日。今月はアルバムラッシュです・・・。

▼音楽がらみというわけで・・・今日の空耳アワー
『柳原中学校へ行く』『工藤五郎です』で大爆笑。
他も面白かったが最後のがインパクトありすぎて忘れてしまった。
そして、工藤五郎のも誰の何と言う曲が元ネタなのかも、忘れてしまった。
不覚。
[PR]

by sano_izumi | 2005-06-11 00:37 | 音楽