鞠さんのチラシの裏


『店内が少し埃っぽい寂れた食堂みたいなブログ』を目指します
by sano_izumi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ご案内
はじめまして
当ブログはSSを書くよりもエッセイや似非論文を書くほうが好きなへたれSS書き『鞠』がお送りするちょっと過激な恋愛日記です(うわぁ、嘘ついたから鼻がのびる)。好きな順番は三番目、好きなナレーターは木村匡也、好きなお笑い芸人は池乃めだかとゼンジー北京、そして好きな声優は滝口順平と関根正明と田村ゆかりと水樹奈々と平野綾(いずれも敬称略)です。ちなみに私は紛れも無い♂ですのでくれぐれもお間違えになりませんよう。

リンク
三叉路。
Project HH
洛陽~漢達の都~
STORY

メアド・メッセンジャーなど
こちらにまとめて掲載してますので何かあります方は。
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
胃腸の病気
from 健康について考えるブログ
学校裏サイトの裏側!女子..
from 学校裏サイトの裏側!女子中高..
こんにちは
from マナブならcocoガイド
リップ スライムサイト
from リップ スライムのリンク集
韓国 メディア
from 韓国 メディア
浜崎あゆみ台湾コンサート..
from 浜崎あゆみ台湾コンサートでの..
飯島直子 愛欲同棲もピリ..
from 飯島直子 愛欲同棲もピリオド..
訃報 植木等さん 80歳
from 平凡なほのぼの日記
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音楽( 21 )


いませんでs(ry

聴いてます。吉井ロビンソンのCDを借りる前にイエモンを聴いておこうと思っていたので。
『JAM』の「いませんでしたー、いませんでしたー、いませんでしたー」の部分で爆笑してしまいました。

すげぇなぁ、吉井ロビンソン。
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-27 22:45 | 音楽

うーむ・・・

KOTOKOのアルバムの発売が6/8に延期されたそうで。
それと同時に、アルバムタイトルも発表されました。『硝子の靡風(かぜ)』。
とりあえず、DVD付初回限定盤を買う方針で検討しています。
KOTOKOの場合、某俳優のように発売から1年以上経っても初回限定盤がまだ残ってるということはまずないと思ってますので。

ここで、困ったのが15日まで金を持たせておけるかという話。
15日には(とは言え最寄CDショップの店頭に並ぶのは14日だと思いますが)小田和正のアルバム『そうかな』が出ます。
これも恐らく発売当日に買うと思いますが、その時金に余裕があるかどうか・・・。
貯金している分に大きく手を出すことのないよう、節約せねば。

と、明日は小田和正のシングル『たしかなこと』が出ます。
勿論、買います。

KOTOKO
小田和正
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-24 16:14 | 音楽

ろっきんじゃぱんふぇすてぃばる

サザンの夏 22年ぶり野外フェス(デイリー)
まじですか?
そして、全国ツアーもやるとか。第一志望受かってたら行けるな(ぉ
アルバムとかもありますし、今年のサザンはハジけてますねぇ。

と、ROCK IN JAPAN。
出演アーティストを見ましたが・・・やばい、行きたくなってきた。
出演者も豪華だし屋外イベントだって云うし凄すぎですってROCK IN JAPAN。

と、この期間中って受験真っ只中なんですよね・・・行きたくても行けない罠orz

記事全文
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-21 06:04 | 音楽

演奏会っていいよね。だろ、だろ?だろう、なぁ、みんな。

昨日はネタ無しにつきサボらせていただきました(ぁ

と、今日は友人の友人が某高校の吹奏楽部員でして、そこの定期演奏会に行って来ます。
私、定期演奏会とか大好きな人間なので、ものすごく楽しみです。
何だかんだ言って、クラシックとか好きですし。スゥイングガールズ見た後だから尚更・・・w

とりあえず、帰ったら感想書きます。
きっとまた素晴らしいものを聞かせてくれるでしょう。
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-14 06:30 | 音楽

カエラと民生・・・すげぇ組み合わせだなぁ

女優初挑戦のカエラが民生と“共演” (スポニチ)
すげぇなぁ。一青窈×井上陽水以上の衝撃ですよ。
確かに、カエラの曲と民生の曲って似てるところが結構あるかも。
最近は奥田民生もあまり聴いてなかったけど・・・改めて借りて聴いてみようかな。

・・・CCCDになってるヤツ以外は(ぁ

記事全文
[PR]

by sano_izumi | 2005-05-04 20:15 | 音楽

音楽が好きでしかたない【6】:男の美学/高橋克典

男の美学
高橋克典



『特命係長・只野仁』の挿入歌としておなじみの曲である。
この曲、はっきり言って泣ける。
学生にもあてはまる・・・と言うか、自分自身に当てはまる部分があまりにも多いのだ。
例えば、

昼下がりの屋上で 流れる雲を見上げて
「ああ もう帰りたい」なんてぼやいたりして


という部分や、

投げ出すには まだ 早すぎる 男の未来
夢見るには もう 遅すぎる
本当にそうかな?
どうなのかな?


という部分。
受験生ともなると、色々な悩み事を抱えるもの。
この曲はそんな人々の心情をずばり言っているような気がして成らない。
実際はサラリーマンが対象なのだろうけれど、受験生にも十分当てはまることだと思う。

この曲、「硬く考えずに気楽に頑張ろう、少しずつ・・・」という気持ちが生まれてくる曲だと思った。
[PR]

by sano_izumi | 2005-04-23 19:40 | 音楽

音楽が好きでしかたない【5】:OZ/100s

OZ
100s



中村一義率いるバンド、100sのファーストアルバムである。
前項の『羽-hane-』と同じく、全曲紹介する時間もあまりなく、それをやるととても長くなるので今回は簡単に紹介することにする。

私が中村一義の曲に出会ったのは『エール!』というコンピレーションアルバムに収録されていた『そこへゆけ』という曲であった。それを聴いた時の衝撃は凄いものであった。男でこんな声が出るのか、と。そして、その詩の素朴さ、独特さにも度肝を抜かれたものである。歌詞ではなく詩と言っても過言ではあるまい詩。そして、口語体を巧みに使った詩・・・とにかく、その時の衝撃は口では言い表せないものがあった。

そして、今回紹介するアルバム『OZ』に収録されている曲も中村テイストをふんだんに駆使した曲揃いであることは言うまでもあるまい。パンチの効いたサウンドに独特な歌詞。そして、中村一義の甘いヴォイス。その点はソロ時代と何ら変わりなく、そして衰えることなく継承されている。グループとなったことによってそれがさらに向上・・・と言うか、中村一義、そして100sメンバーのポテンシャルが今まで以上に、存分に発揮されているように思う。

オススメの曲は『A』『バーストレイン』『Honeycom. ware』『いきるもの』『光は光』。
普段の音楽とは一味違う音楽を聴きたい方は是非。


Web拍手:記事の内容がお気に召されたならば是非。
[PR]

by sano_izumi | 2005-04-16 18:59 | 音楽

音楽が好きでしかたない【4】:羽-hane-/KOTOKO

羽-hane-
KOTOKO



PCゲームや『おねてぃ』などで一世を風靡した(?)I'veを代表する歌姫、KOTOKOのメジャーデビューアルバム。
全曲紹介する時間もあまりなく、それをやるととても長くなるので今回は簡単に紹介することにする(次項の『OZ/100s』も同様)。

私がKOTOKOの曲を知ったきっかけはこのFlashであった。
なんと、キュンキュンとかハイハイ!と臆面もなく言ってるではないか・・・。ぶっとんだ・・・と言うか、電波炸裂なこの曲はナニ?と思い検索したらKOTOKOの名が出てきて、自動的にKOTOKOの電波曲に取り付かれたと言う経緯ではまっていった。そしてKOTOKOは電波だけじゃないと言うことを知り、電波ではない曲を聴いたら・・・これもまた良い。KOTOKOの曲やI'veのサウンドをPCゲームの世界だけにとどめておくのはあまりに勿体無い・・・そう思っていた矢先のメジャーデビューだったので大変喜んだものである。

いいもの揃いのこのアルバムの中で特にオススメなのは『』『Gratitude~大きな栗の木の下で~』『痛いよ』『羽』。電波が1曲も入っていないのは少々残念な気もするが
確実に歌唱力を伸ばしているKOTOKO。今後の活躍に大いに期待したいところだ。


Web拍手:記事の内容がお気に召されたならば是非。
[PR]

by sano_izumi | 2005-04-16 18:41 | 音楽

音楽が好きでしかたない【3】:風光る/佐藤竹善

風光る
佐藤竹善



佐藤竹善の『Wind of change』以来のオリジナル・シングルだそうだ。
『風光る』はアップテンポで爽快感を感じるナンバー。

希望よりも大きく 確かな力を
信じようと目を開け 祈るんだ
鼓動より激しく 鳴り響く音を
重ねみつめ合い 祈るんだ
ずっと


このように詩もポジティブであり、前項の『innocent starter』とは毛色が違うが、元気が出るナンバーという点では共通している。
そして、ラーメンズの片桐仁が出ているPVは素晴らしかったが、曲もそれに負けないくらい展開が素晴らしい。
そして、いつもの事ながら竹善の声はとても透き通ったものだと思う。
ちなみにこの曲と某新撰組系少女漫画との関連性は全くないと思われる。

2曲目の『春になる』は曲の通り春らしさを感じさせるのどかなナンバー。
そして、せつないラブソングでもある。
春の夜に河原で聴くとマッチングしていそうな感じがする。

3曲目、4曲目はそれぞれ『五番街のマリーへ』『上を向いて歩こう』のカヴァー。
これらは竹善テイストにアレンジされており、オリジナルとはまた違う曲として楽しむことが出来ると思う。

と、私の不器用な文章ではおそらく竹善の魅力は伝わらぬ。
まずはご自身の耳で聞いてみることをお勧めしよう。

Web拍手:記事の内容がお気に召されたならば是非。
[PR]

by sano_izumi | 2005-04-13 19:26 | 音楽

音楽が好きでしかたない【2】:innocent starter/水樹奈々

innocent starter
水樹奈々



前回の木村カエラから一転、今回紹介するのは声優・水樹奈々の曲である。
声優ソングと侮るなかれ、彼女は幼少の頃に『のど自慢あらし』としてその名を馳せていたと言う(参考記事)。
そのような予備知識を頭に入れつつ聴いてみたのだが、これがまた良い。
アップテンポな曲で、爽快感のある曲に仕上がっている。
この曲は『魔法少女リリカルなのは』なるアニメのOP・・・要はアニソンなのだが、普通のJ-POPとして遜色なく聴ける。アニソンを普通に聴ける曲として歌い上げてしまうというというのも彼女の凄いところである。

声優という異業種を本業としながらも歌手としてもその名を轟かせる水樹奈々。
これからの『歌手・水樹奈々』としての活躍にも大いに期待できるだろう。
[PR]

by sano_izumi | 2005-04-06 20:25 | 音楽